牡蠣(カキ)のノロウイルス感染による胃腸炎

主にノロウイルスやロタウイルス、アデノウイルスをはじめとするウイルス、細菌などによって引き起こされる胃腸炎を「感染性胃腸炎」といいます。なかでも毎年11月から12月にかけて流行するのが、ノロウイルスによる感染性胃腸炎です。

生のカキ料理による食中毒

ノロウイルスは感染力が極めて強いため、10~100個というごく少数でも感染が成立するのが特徴です。アメリカでは年間2300万人が感染されてるとされており、日本でも保育所や小学校、老人ホームなどで毎年のように集団感染がおこっています。

ノロウイルス胃腸炎の症状は、1日数回から十数回にも及ぶ嘔吐と下痢です。小さい子供や高齢者は下痢や嘔吐で水分が失われる「脱水症状」を起こしやすく、重症化する恐れがあります。医療機関を受診するまでの脱水対策としては、吸収率の高い経口補水液が便利です。ドラッグストアでも購入が可能ですが、水1リットルに対して、スプーンで6杯の砂糖、1杯の塩を加えることで自家製の経口補水液を作るのもよいでしょう。下痢止めは体外への菌の排出を送らせて、症状が逆に悪化することもあるので、医師の指示なしに服用することは止めましょう。

ノロウイルスに対する特効薬やワクチンは存在しないため、脱水症状に対する対処療法を行い、数日間安静にして自然治癒を待つしかありません。症状が治まった後も、10日から1か月間は便からウイルスが検出され続けるケースもあるので、乳幼児のオムツ交換の際に便に触れたり、嘔吐物の処理で直接触れたりすることによる二次感染に注意しましょう。

ノロウイルス胃腸炎は、汚染された二枚貝(カキなど)を生あるいは十分に加熱しないで食べることによる「食中毒」として発生することもあります。汚染されたカキなどに触れた手で、食器やほかの食品に触れて集団食中毒が発生することもしばしばなので、カキが美味しい冬は抵抗力の弱い老人や子供がいる家庭では注意が必要です。

厚生労働省が公表している「食中毒発生状況(2013年)」によると、1年間の食中毒の事件数の約35%、患者数の約61%はノロウイルスによるものとなっています。

ノロウイルスは、他のウイルスと同様に熱に弱い性質があります。カキなどの感染リスクがある食品は、中心部を85℃から90℃で90秒以上加熱して食べると安心です。嘔吐物があった場所は、次亜塩素酸ナトリウム溶液を含ませた布やペーパータオルで拭くようにしましょう。下痢がある場合、トイレ後の手洗いでドアのノブや水洗レバー、水道の蛇口などに触れる際は、トイレットペーパーを触れた手と反対側の手で触るようにしましょう。呪う椅子はアルコールにも強いため、石鹸で手洗いを念入りに行うことも大切です。